ラピッドリカバリープログラム

人工関節置換術を受ける皆様へ

downer2.jpg それを可能にするのが、早期回復プログラム(ラピッドリカバリープログラム)です。ラピッドリカバリープログラムは、人工関節の手術をうける患者さまの手術前から手術後のトータルプログラムです。


【手術前】 - 手術の約1ヶ月前 -

手術に関する必要な情報を提供します。(患者さまとご家族とともにお話をします)
reha-img47.jpg
reha-img34-1.jpg
手術前の筋力を測定します。
reha-img46.jpg

手術前から運動に慣れることによって手術後のリハビリがスムーズに行えるようになります。
reha-img35.jpg reha-img36.jpg
reha-img37.jpg 模型を使ってわかりやすく説明します。

reha-img39.jpg 歩行器を使った練習を行います。(立ち上がり方、歩き方など)


【入院中】 - 手術から退院まで -

reha-img49.jpg 正常な関節の動きを取り戻すためのリハビリです。

reha-img41.jpg 杖を使って歩行訓練を行い、退院に向けて準備をすすめます。

reha-img42.jpg 入院中に階段の昇り降りの練習をします。

退院前に、ご家族とともに退院後の生活やリハビリについてお話します。
reha-img50.jpg


【退院後の外来通院】 - 退院後2、3ヶ月 -

退院してもスムーズに関節が動くようにします。
reha-img51.jpg
それぞれの患者さまが獲得したい動作を練習します。
reha-img52.jpg reha-img53.jpg

今まであきらめていたことができるように、
前向きな気持ちでリハビリに取り組めるよう
医師・理学療法士・看護師がサポートしていきます。

>>リハビリテーション科トップページに戻る