はちやリハビリテーションクリニック

はちやリハビリテーションクリニック(仲田)閉院について

平成26年3月31日(月)をもって、仲田のはちやリハビリテーションクリニックでの診療を終了いたします。なお、デイケアセンターは、はちやデイサービスとして通所介護事業を継続いたします。

ご不明な点等につきましては、お問い合わせください。
突然のことでご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。
2000年の開院から現在まで、当クリニックを支えてくださいました多くの患者さまと近隣のみなさまに心よりお礼申し上げます。
医療法人蜂友会
理事長 蜂谷 裕道

はちやリハビリテーションクリニックでは、みなさまの健康でいきいきとした毎日のお役に立てるよう、「はちや健康倶楽部」という講演会を実施しております。
当クリニックを支えてくださいましたことへの感謝を込めまして、閉院までの期間、不定期で開催します。日程、内容につきましては、はちやリハビリテーションクリニックまでお問い合わせください。

クリニックからのごあいさつ

病気を癒す中心は患者さまです。患者さまご自身の生活環境を改善し、患者さま自身が『自ら癒す姿勢』を引き出すことができるよう(自己医療) 、適切な医療を提供しスタッフ一同が患者さまをサポートいたします。

image.jpg木や草花は、根から葉までつながり「ひとつ」になっています。葉の色が悪いからと言って、葉の部分だけに手を加えても葉は治りません。水分、土壌、根、日光、さらには周囲の環境など、全体が絡みあってこそ葉は治り、綺麗な花を咲かせることができるようになります。

私たちの身体も同じです。頭からつま先まで全体がつながり「ひとつ」です。身体が悪いからと言って、悪い箇所だけを診ても病気はなかなか良くなりませんね。身体の悪い部分だけでなく、「心と身体」のつながり、そして日常の生活の仕方など、全体を捉えて健康回復を図っていきます。

image2.jpg人は「オギャー」と生まれたときから、一歩一歩死に向かって歩き始めます。自分がこの世に生まれるということと、生まれた人は必ず「死」を迎えるということは疑いのない事実。「死」は発症しないということがありません。人は「死の罹患者(キャリア)」として生まれてきます。ゆえに、完全な健康などということは有り得ないとも言えるでしょう。病んでいる自分であるからこそ、その中であろう限りバランスをとり、コンディションを整える。この営みこそが健康と言うものでしょう。世の中には健康に関する情報があふれかえり、その情報に振り回されている人々がたくさんみえています。人は一人ひとり皆違うものです。「これが絶対」などと言うものは...? 自分自身の健康法を見出して実践することが養生の最も大切な事ではないでしょうか。