最低限の切開

当院では、体への負担が少ない<MIS(Minimally Invasive Surgery)=低侵襲手術(ていしんしゅう手術)>を採用しています。 皮膚や関節の周辺組織(筋肉、靱帯や腱)に、可能な限りメスを入れずに行う<MIS(Minimally Invasive Surgery)=低侵襲手術(ていしんしゅう手術)>を提供。 患者さまの負担が少なく、手術後の早期退院・早期社会復帰を実現しています。

従来の手術方法とMIS=低侵襲手術の違いとは?

1、皮膚切開が小さく、筋肉などへの負担(侵襲)が少ない

従来の手術方法とMIS=低侵襲法の違い従来の人工関節置換術では15〜20cmもの大きな皮膚切開を行い、筋肉や靱帯、腱などに大きくメスを入れながら骨に達し、人工関節を設置します。
MIS=低侵襲手術は、特殊な手術機器を使用し最新の技術を駆使することで、8〜10cm程度の皮膚切開と、最小限の周辺組織の切開で、人工関節を設置できるという画期的な手術方法です。
従来の手術方法よりも患者さまへの痛みが軽減され、早期回復が可能です。また、皮膚に残る傷跡が小さいという美容的なメリットもあります。

2、手術後、リハビリテーションの早期開始が可能に

手術後、リハビリテーションの早期開始が可能に従来の人工関節手術では、手術後約1週間ほどの間ベッドの上での生活を余儀なくされていました。
しかし、MIS=低侵襲手術では筋肉や、靭帯、腱などの軟部組織に対し、極力メスを入れません。そのため、関節を動かすための筋肉を高い状態で維持することができ、痛みの度合いも小さいことから、手術の翌日には本格的なリハビリテーシ ョンを開始することができます。早期にリハビリテーションを開始できるということは、手術後の安静による筋肉の衰えを回避することができ、早期回復を可能にします。
また、リハビリテーションの早期開始は、重大な合併症である肺塞栓症(はいそくせんしょう)(エコノミー症候群とも言います)の予防にも役立つと言われています。

3、入院期間の短縮、早期社会復帰が可能

従来の人工関節手術における入院期間は1ヶ月以上を要することもありました。
しかし、MIS=低侵襲手術では2週間程度での早期退院が可能になり、従来の手術を受けた場合と比べて早く普通の生活に戻ることができます。
早期退院が実現することで、仕事や日常の生活に早く復帰することができ、入院費等の経済的負担も軽減します。